相談事例集

ネットで購入した商品が中国から届いたのですが、素人が見ても、つくりが粗雑で、一目で偽造品だとわかるような物でした。
すぐに、販売店に返品手続き請求のメールを送ったのですが、返信がなく連絡が取れなくなり、商品を返品できずに困っています。
このまま商品を持っていても法的に罰せられるようなことはないでしょうか。

まず、法的には、偽ブランド品を販売する行為は商標権の侵害となり、ニセモノのゲームソフトやキャラクター商品を販売する行為は著作権の侵害になりますが、単にこれらを購入する行為は、偽物であると知っているか否かにかかわらず、商標権侵害、あるいは著作権侵害にはなりません。 では、これらの偽物商品を所持する行為はどうなるのでしょうか。
偽ブランド品を例にとると、ニセモノだと考えられる商品を消費者であるあなたが、単に持っているだけであれば、刑事罰の対象とはならないと考えてよいでしょう。
日本の法律では、個人が偽造品であることを知りながら、業として「譲渡、引き渡し、または輸出のために所持する」行為は、商標権の”侵害みなし行為”として5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、又はこれらが併せて科せられます。つまり、処罰の対象は、事業としての譲渡や引き渡し、あるいは輸出目的がなければならず、消費者が個人の持ち物として、偽造品をただ単に所持するだけでは罰則の対象とはなりません。
したがって、ご質問のように、単に返品できないために、商品を持っているだけという場合は、業としての譲渡等には該当せず、処罰の対象にはならないと考えられます。
もっとも、たとえ個人や消費者であっても、事業として販売等をすることは可能ですから、販売目的等の所持か否かについては、反復継続性の有無など、客観的な事実に基づいて評価されることになります。手軽に買い物ができるネット通販を利用する方が増えていますが、安いからと安易に注文してトラブルに巻き込まれる方もまた増えています。
ネット通販で商品を購入する際には、幣会HPの「消費者Q&Aセンター」⇒「ご注意!」⇒「中国からの商品にご注意!」にある“事前に確認すべき「最低限のチェックポイント」”を是非、参考にして下さい。

ネット通販で買った商品を返品したいのですが、電話連絡先が不明で、直接交渉ができず困っています。
プレゼント用にあるブランドのバッグをネットで探していたところ、一店舗だけ取扱いのあるサイトを見つけ、そこに注文しました。注文後、プレゼント用の包装紙についてメールでやり取りしたのですが、中国語が混ざっていて、何となく怪しいと思っていました。しかし、決裁済みで、キャンセルも簡単にはできず、そのうちに商品が届いてしまいました。中国から届いた商品は、画像とはショルダーの作りが違う上に、作りも雑で、2万円もするとは思えないものでした。返品を決意し、その旨メールをしたのですが、返信がありません。電話で直接交渉したいのですが、メールアドレスしか判らないため困っています。何とか、返品を了解させ、返金させる方法はないでしょうか。

残念ながら、非常に難しいケースです。
日本語のサイトであったため、当初、海外サイトとは認識していなかったとのことですが、日本人向けののサイトであれば、「特定商取引法」により業として通信販売を行う場合、氏名(名称)、住所、電話番号などの表示が義務付けられていますから、少なくとも「特定商取引法」に基づく表示があるかどうかの確認が必要です(個人のオークション等の場合は「特定商取引法」に基づく表示義務はありません)。海外のサイトであっても、電話番号の記載がないと、今回のように問合せがメールだけになり、万が一の時、支障が生じる可能性があります。
日本のサイトでも海外のサイトでもインターネット通販の場合は、取引後も連絡がとれる手段を、注文前にできるだけ確認しておくことが大事です。これまでに受けた多数のご相談の中には、「ネット通販・最低限のチェックポイント」を確認すれば防げたと思われるトラブルも少なくありません。
以下にご紹介します。
① 画像の商品は、真正商品と比べて、不自然なところがないか。
② 連絡先としてメールアドレスだけでなく「住所」「電話番号」も記載されているか。
③ 記載された電話番号は本当に繋がるか。
④ 商品はどこから送られてくるのか。
(日本語で書かれているサイトでも、売主が海外にいて海外から商品が送られてくることがあります。)
⑤ 価格は、他のサイトで販売している同様の商品と比較して、安すぎないか。
(OFF率ではなく、円ベースの価格で比較。)
⑥ 可能であれば、どのような場合に返品可能かなど電話で具体的に質問し、対応のレベルを確認。是非、慎重に確認した上で、お買い物を楽しんでください。

10年程前にGUCCIのアクセサリーポーチを購入。
先日、リサイクルショップに持ち込んだところ、「こちらでは買取りできない」と言われてしまいました。
「それはニセモノということですか?」と尋ねたところ、明言はしなかったものの、「生地が違うから」というようなことを言われました。
このポーチはニセモノだということでしょうか?

買取りを断られたというだけでは、ニセモノとは断定できません。
当協会では、協会の基準をもとに「基準内商品・基準外商品」かの“判定”を行なっております(※1)。
ご心配でしたら、電話で相談の上、商品を送っていただければ協会基準での判定を受けることが可能です。今回のように、買取店(リサイクルショップなど)で何らかの差異点を指摘された商品や、「ニセモノ」であることを理由に買取りを断られた商品でも、協会で判定した結果「基準内商品」であったという事例もあります。
特に、古い商品や、同一商品で複数の仕様のあるブランドでは、このような事例が見受けられます。これは、ブランド品の場合、ホンモノかどうか、商品状態はどうか、買取価格はいくらかにするかといった判断が、店舗スタッフに委ねられていることが多く、買取基準を標準化することが難しいことが原因だと考えられます。
また、買取りでは、お客様の目の前で、これらの判断を同時にしかも短時間で行なわなければならず、これが、時として、同一商品に対して、店舗あるいはスタッフによって判断が異なる原因の一つだと思われます。1店舗の買取店の判断で即、ニセモノと結論付けるのではなく、他企業の店舗に持ち込んだり、場合によっては協会に相談するなどして確認することをお勧めします。(※1)「基準内商品」等協会の判定については協会HP、「並行輸入を知ろう!」→「FAQ」をご参照下さい。

税関から葉書が届きました。
オークションでPORTERの財布とバッグを落札しましたが、税関から葉書が届き、「コピー商品の疑いがある」「連絡がなければ税関で処分する可能性がある」と書かれていました。
サイトのコメント欄には「商品は海外から届く場合がある」と記載されていましたが、出品者は福岡在住のようでしたので、そのことにはあまり注意を払わず落札してしまいました。
このようなことがあるのでしょうか?税関にはどのように連絡すればよいでしょうか?

「税関で止められてしまった、どうしたらよいか」という相談を複数件受けております。
いずれのケースも、出品者の居住地域は日本であるにもかかわらず、商品は海外(中国)から送られて来るのが特長的です。また、税関からの葉書を受け取った後、商品について確認しようとしても出品者とは連絡が取れず、結局、代金は戻らない、商品は税関で差し止められて受け取れないといった被害状況です。これまでも、インターネットのショッピングサイトで同じような差し止め事例はありましたが、今回のようにオークションで、日本在住だと思われた出品者から落札した商品が、海外から発送され、それが税関で差し止められた事例は新たな偽造品販売の手口とも考えられます。なお、税関には、個人で使うためにオークションで落札した商品であることを伝え、ホンモノだと証明できる何らかの根拠などがない限り所有権を放棄した方がよいと思われます。

海外のサイトで購入した商品がニセモノでした。どう対応すればいいですか。
海外のインターネットサイトでUGG AUSTRALIAのシープスキンブーツをUS$95(送料込み)で購入しました。
このブーツは日本代理店販売価格では28,350円なので、安さが魅力でした。
ところが、商品はサイトの住所とは異なる上海から発送され、明らかにニセモノです。
返金を希望していますが、先方はホンモノだと主張するばかりで困っています。
今後どう対応すればいいかアドバイスをお願いします。

インターネットで海外の商品が気軽に購入できるのは便利ですが…
海外のインターネットサイト、海外のオークションや海外在住の出品者から直接買い物が出来るようなサイトで購入した商品が、「ニセモノのようだ」、または、「ニセモノと証明されれば返金すると言われたが、協会で判定してもらえないか」といったご相談が増えています。インターネットで海外の商品が気軽に購入できるのは便利ですが販売者が海外の場合、トラブルの際の対応が非常に難しくなる事が予想されます。
というのも、サイト運営者が日本の場合でも、サイト運営者の責任は通常限定的ですので、トラブル時には販売者と購入者が直接交渉しなくてはならないことも少なくありません。
このように海外から商品を購入する際には、トラブル時、海外販売者との交渉そのものが非常に困難になるというリスクを事前に理解しておく事が必要です。
したがって、リスクを少しでも回避するために、注文の前に、不良品や注文とは違う商品だったなどの場合、返金・交換対応が可能か、その際の交渉責任者は誰か、連絡先はどこか、何をもって対応してもらえるのかをしっかりと確認しておくことが大切になるでしょう。
例えば、「ニセモノと証明されれば返金する」というケースでは、日本国内で法的にブランド品の真贋を判別し、その鑑定証のような書面を発行する機関は存在しませんので、最終的には返金してもらえる術がないということになってしまいます。さて、お問い合わせの「今後の対応」ですが、現時点ではお客様自身で販売者に対しニセモノである可能性を主張し、返金要求をし続けるしかないのではと思われます。
日本国内での購入では、警察に相談もできますが、人気商品にもかかわらず価格があまりにも安すぎるケースでは、購入者もニセモノと承知して買ったと捉えられ、販売者の詐欺行為が認められず、刑事事件として扱われない可能性もあります。
リスクがある購入方法である以上、購入する側も慎重な購買行動が求められるということになります。なお、当協会による販売者への指導は、会員企業に限定されます。
つまり、万が一、会員企業が「基準外商品」を販売した場合に、真正商品との交換、或いは返金対応するよう指導いたしますが、販売者が会員以外の企業の場合は、同様の指導をすることは致しませんので、付け加えさせていただきます。

協会会員のネットサイトで中古のブランド品を購入したいのですが、大丈夫?
協会の会員企業のインターネットサイトで、中古のブランド品の購入を検討しています。協会会員が販売するブランド品なら、中古品でも本物と保証されているのでしょうか。

中古・新品にかからわらず、協会は、会員が販売する「すべて」の商品を事前にチェックしている訳ではありません。
会員は協会発行の『マニュアル』等、様々なデータ・情報をもとに自社で検品をした上で、「基準内商品」(※1)と判断した商品を販売しています。(会員企業では判断が難しい場合や、ダブルチェックをしたい場合は、商品を協会に送り判定情報を得ることになっています。)
協会自らがすべての商品を事前にチェックしていない以上、会員販売商品は全て「本物(基準内)です」と言い切ることはできません。
しかし、もし、ご購入後、買取りを断られるなど、商品に何らかの不安を感じたり、確かに「基準内商品」かどうかを確認したいという場合には、どうぞ消費者Q&Aセンターへご相談下さい。
各会員の商品について調査を致します。調査の際は、「会員」が販売した商品であることを理由に、判断基準を甘くすることはありません。と言うのも、もし会員1社の利益のために実際とは異なる判断をすれば、残りの多くの会員の信用を損なう事になるからです。協会は、常に第三者の立場で公正に商品を確認し、判定結果をお出しします。
協会判定の結果、万が一、「基準外」であった場合には、代替商品との交換か購入代金の返金をお約束いたします。
現在の協会ポスターには「安心の証」のキャッチフレーズが入っていますが、まさに、この点を約束できることが「安心」して頂けるポイントであると考えています。
なお、1998年の設立以降積み上げてきた豊富なデータはありますが、それでも流通しているブランド商品の中には、「基準内」「基準外」の協会判定が出せないものがあります。
特に中古商品についてはデータが十分ではない為に判断が出来ないケースがあることもご理解下さい。
(※1)「基準内商品」等協会の判定については協会HP、「よくある質問」をご参照下さい。

ブランドのバッグを購入したのですが、よく見ると縫い目が曲がっている箇所があります。これは、並行輸入品だから、なのでしょうか。

まず、縫い目が曲がっているのは決して“並行輸入品だから”ではありません。
並行輸入商品は、一般的に、海外の直営店や、免税店、特約店などで商品を購入し、日本に輸入したものです。ですから、日本の直営店で販売されているものと同じ品番の商品であれば、品質も同一です。つまり、製造段階で、「これは直営店販売用、これは並行用」と区別していることはありません。
次に、縫い目についてですが、縫い目が曲がっているかどうかの判断基準は、主観的な面もありますので一概に言い切ることはできません。しかし、エルメスやグッチなど、いわゆる“高級ブランド品”であっても、縫い目が少し曲がっていると感じる商品が直営店の店頭で販売されていることはあります。これらの“高級ブランド”の縫製が手作業で施されているケースが多いのが原因の一つかもしれません。上記のように、海外の直営店の店頭で販売されている商品の縫い目が曲がっていた場合、その商品を並行輸入すれば、そのままの商品が、並行品ショップの店頭に並ぶことになります。並行輸入品市場向けに、特に品質を落として製造することは、まず考えられません。

グッチとコーチのバッグを購入しました。届いた商品をよく見たところ、ファスナーに「YKK」とありました。海外のブランド品に日本のメーカーのYKKファスナーが使われているなんてことはあるのですか?

YKKのファスナーを使っている有名ブランドは多数あります。
協会で調査した範囲ですが、グッチ、コーチ、クリスチャン・ディオール、クロエ、シャネル、セリーヌ、ダンヒル、バーバリー、プラダ、ブルガリ、ロエベ・・・等などです。
言うなれば、ほとんどの有名ブランドがYKKのファスナーを使用しているということになります。
YKKは日本の誰もが知るファスナーメーカーですが、世界的に見ても、品質的にすぐれた一流メーカーと言えるのかもしれませんね。

コーチの財布を購入したのですが、よく見たら、MADE IN CHINA(中国製)となっていました。
確かコーチはアメリカのブランドのはずです。これは贋物なのでしょうか?

中国製イコール贋物ということにはなりません。
確かにコーチはアメリカブランドですが、協会が調べた限りでは、コーチの財布、バッグ、キーホルダーなどの5割前後は中国製と思われます。
この他に、ベトナム製やフィリピン製など数カ国で製造された商品を協会では確認しております。
お買い求めになった商品が中国製とわかると、何となく不安に感じるかもしれませんが、これはコーチに限ったことではありません。他にもバーバリー、トリーバーチ、マークバイマークジェイコブス、ケイトスペード、レスポートサックなどは一部の商品を中国で生産しています。中国製のブランド品が増えている理由の1つとして、中国の生産技術の向上が考えられますが、今後、益々拡大が予想されるアジアマーケットを強く意識したブランドの企業戦略も見え隠れします。
いずれにせよ、並行輸入市場で販売されている商品はコーチ直営店で販売されている商品と同じように中国やベトナム等で製造されています。つまり、生産国情報だけで、「ホンモノ・ニセモノ」の判断はできません。