ブランドのバッグを購入したのですが、よく見ると縫い目が曲がっている箇所があります。これは、並行輸入品だから、なのでしょうか。

ブランドのバッグを購入したのですが、よく見ると縫い目が曲がっている箇所があります。これは、並行輸入品だから、なのでしょうか。

まず、縫い目が曲がっているのは決して“並行輸入品だから”ではありません。
並行輸入商品は、一般的に、海外の直営店や、免税店、特約店などで商品を購入し、日本に輸入したものです。ですから、日本の直営店で販売されているものと同じ品番の商品であれば、品質も同一です。つまり、製造段階で、「これは直営店販売用、これは並行用」と区別していることはありません。
次に、縫い目についてですが、縫い目が曲がっているかどうかの判断基準は、主観的な面もありますので一概に言い切ることはできません。しかし、エルメスやグッチなど、いわゆる“高級ブランド品”であっても、縫い目が少し曲がっていると感じる商品が直営店の店頭で販売されていることはあります。これらの“高級ブランド”の縫製が手作業で施されているケースが多いのが原因の一つかもしれません。上記のように、海外の直営店の店頭で販売されている商品の縫い目が曲がっていた場合、その商品を並行輸入すれば、そのままの商品が、並行品ショップの店頭に並ぶことになります。並行輸入品市場向けに、特に品質を落として製造することは、まず考えられません。